食べものをうまくかめない|青梅市にある歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」|青梅市にある歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」

文字サイズ
標準
最大

食べものをうまくかめない

歯ならびやかみあわせをきれいにしよう!

歯は、かみあわせがだいじ!

[画像]かみあわせイメージ

歯にとってだいじなことは、むし歯にならないように「よぼう」することだけじゃないよ。
歯は、「歯ならび」と「かみあわせ」が正しくないと、ほんとうにけんこうとは言えないんだ。おじいちゃんやおばあちゃんになってくると、入れ歯をしている人がいるよね?
でも、むし歯がなくて歯ならびがきれいな人は、おとしよりになっても入れ歯をしていないことが多いんだよ。

みんなの歯はきれいにならんでいるかな?
もし歯ならびがわるくても、だいじょうぶ。歯医者さんに行けば、歯ならびをきれいになおしてもらえるよ。
子どものころに歯ならびやかみあわせをなおしておけば、大人になってからもずっときれいな歯でいられるんだ。

ページの先頭へ戻る

こんなクセがある子はいないかな?

ほおづえ
[画像]ほおづえ
ほおづえをついていると、歯のかみあわせがだんだんずれてくるよ。
これは、頭のおもさがぜんぶあごにのしかかってくるからなんだ。
ゆびしゃぶり
[画像]ゆびしゃぶり
ゆびをずっとしゃぶっていると、歯がだんだん前に出てきちゃうんだ。
口こきゅう
[画像]口こきゅう
いつもお口をあけて、お口だけでいきをしていると、むし歯になりやすくなっちゃうよ。お口の中の「だえき(つば)」が少なくなって、かわいてしまうからなんだ。「だえき(つば)」はとてもだいじなんだよ。
つめをかむ
[画像]つめをかむ
つめをかむクセがある子は多いんじゃないかな?
つめみたいにかたいものをかんでいると、歯や歯ぐきがずれて、歯ならびがわるくなっちゃうよ。
タオルをかむ
[画像]タオルをかむ
ついつい、タオルやふとんをかんでしまう子はいないかな?
いつもかんでいると、かみあわせがずれちゃうよ。
くちびるをかむ
[画像]くちびるをかむ
くちびるをかむクセがある子はいないかな?
ずっとつづけていると、歯ならびがわるくなっちゃうから気をつけようね。
食べものをよくかまない
[画像]食べものをよくかまない
食べものをよくかまないでのみこんじゃうと、歯やあごがちゃんとせいちょうしなくなっちゃうんだ。
した(べろ)で遊ぶ
[画像]した(べろ)で遊ぶ
した(べろ)をうごかすクセがあると、歯ならびやはっせい(声を出すこと)がうまくいかなくなることがあるよ。

ページの先頭へ戻る

かみあわせがわるいと、こんなことが……

むし歯や歯ぐきのびょうきになりやすくなる
[画像]むし歯や歯ぐきのびょうきになりやすくなる
歯ならびがわるいと、食べもののカスが歯のあいだにたまりやすくなるんだ。
だから、むし歯や「ししゅうびょう」という歯ぐきのびょうきにもかかりやすくなっちゃうよ。
歯がながもちしなくなる
[画像]歯がながもちしなくなる
かみあわせがわるいと、いちぶの歯だけがたいへんなおもいをするんだ。
いつもたいへんなおもいをしている歯は、すぐにつかれてながもちしなくなってしまうよ。
けがをしやすくなる
[画像]けがをしやすくなる
ころんだりしたときに、お口の中を切ったり、歯をおったりしやすくなるよ。
口があきにくくなったり、あごがいたくなったりする
[画像]あああ
かみあわせがわるいと、「がくかんせつしょう」というびょうきにかかりやすくなるよ。
このびょうきになると、あごがいたくなったり、お口があきにくくなったりするんだ。
おなかがいたくなる、おなかをこわす
[画像]おなかがいたくなる、おなかをこわす
歯ならびがわるいと、食べものをしっかりかめないよね?
食べものが大きいまま飲みこむと、おなかがいたくなったり、おなかをこわしたりするんだ。
うまく話せなくなる
[画像]うまく話せなくなる
うまく話せるのは、歯がきれいにはえているからなんだ。
歯ならびがわるいと、声がじょうずに出なくなって、話しにくくなってしまうよ。
くらいきもちになってしまう
[画像]くらいきもちになってしまう
歯ならびやかみあわせがわるいと、顔の見ためもかわってくるんだ。
見ためが気になって、なんとなくくらいきもちになってしまうかもしれないよね。
べんきょうやあそびにしゅうちゅうできない
[画像]べんきょうやあそびにしゅうちゅうできない
人は、なにかにいっしょうけんめいになっているときは、歯をくいしばっているんだ。
歯ならびやかみあわせがわるいと、うまく歯をくいしばれないから、べんきょうやあそびが楽しくなくなってしまうかもしれないね。

護者の方へ~咬み合わせの改善方法~

歯が生え替わる時期のお子様(6~12歳ぐらい)に対しては、「トレーナー」という矯正器具を用いて矯正をする方法があります。トレーナーは適宜取り外しできるので、無理して学校につけていく必要はなく、日中最低で1~2時間の装着と夜間就寝時の装着でも効果が期待できるものです。
また、小学生以下の子ども(2~5歳)に対しても「インファントトレーナー」という治療法があります。

トレーナーの使用によって、口の周りの正常な機能を獲得できれば、歯ならびが自然と改善され、その後の矯正治療が不要になるケースもあります。
もし、重度の不正歯列でワイヤーによる矯正治療が必要な場合でも、事前にトレーナーを使用していれば、矯正期間が短縮されたり、治療後の後戻りが少なくなったりなどのメリットが得られるでしょう。

しかし、トレーナー治療はあくまでも「ゆるやかに行う矯正方法」です。
そのため、短期間で治療を終わらせたい場合には向きません。
また、トレーナーの装着を極度に嫌がる、咬んで破る、口が開いてしまうなど、うまく使いこなせない場合は治療を中断することもあります。

むし歯だけじゃなく、歯ならびにも気をつけよう!

ページの先頭へ戻る