歯を失ってしまったら|青梅市にある歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」

文字サイズ
標準
最大

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら、機能を補う治療を受けましょう。

失った歯を取り戻す治療

[画像]歯を失った女性

抜けてしまった歯をそのままにしておくと、お口の中だけでなく、全身にもさまざまな悪影響が及びます。
ですから、何らかの理由で歯を失ってしまった場合は、インプラント治療や入れ歯治療などによって歯の機能を補わなければなりません。

インプラントは人工の歯をあごの骨に埋め込む治療。咬み心地も見た目も良いので、最近では多くの患者さんに選ばれています。
入れ歯は、人工の歯を他の歯などに固定してお口の中に装着する治療法。
患者さんの好みやお口の状態に合わせて、使い心地の良いものをつくることができます。

インプラント治療とは?

[画像]インプラント

インプラントとは、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の機能を回復させる治療です。
人工歯根をあごの骨に直接埋め込みますから、自分の歯と同じようにしっかり咬むことができるようになります。
また、人工歯の色や形は自分の歯とほぼ変わらないものをつくれますから、見た目の美しさも取り戻せます。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 見た目が天然歯に近く、人工歯であると気付かれにくい
  • 硬いものもしっかり咬める
  • 口の中での違和感が少ない
  • メインテナンスをすることで長く使用できる
  • 周囲の歯を削らずにすむ
  • 保険が適応されないので治療費が高い
  • 手術を伴う
  • 治療期間が長い
  • あごの骨の状態によっては治療ができないことがある
インプラント治療の金額
  • 一次オペ時(土台):240,000円
  • 上部構造(セラミック):140,000円(銀歯):110,000円
※価格は全て税込です。

ページの先頭へ戻る

入れ歯治療とは?

[画像]入れ歯

歯を失った場合の治療として一般的なのは、入れ歯治療です。
以前は、レジンという素材を用いた入れ歯しか選択できませんでしたが、現在では自費診療でさまざまな素材の入れ歯をつくることができます。

部分入れ歯と総入れ歯の違い
[画像]入れ歯1
入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類があります。
部分入れ歯は一部の歯がない場合に使いますが、残っている歯にバネをひっかけるので、その歯に負担がかかってしまいます。
自費の入れ歯なら、そのような欠点をカバーできるものも開発されています。
[画像]入れ歯2また、総入れ歯は歯が全部なくなってしまった場合に使いますが、口の中で違和感が強く、咬み心地が悪い場合があります。
これも、自費の入れ歯にすることで、違和感の少ないものをつくることができます。
保険の入れ歯と自費の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 使用できる素材はレジンのみ 使用できる素材に制限がなく、セラミック・樹脂・金属などを選択できる
費用 安価 高額
見た目 違和感がある 自然で美しい
咬み心地 硬いものは咬みにくい 硬いものも問題なく咬むことができる
耐久性 やや低い 高い
その他 破損した際に修理しやすい バネがないものなどもあり、構造上優れている

取り扱い入れ歯紹介

レジン
[画像]レジン
特徴 保険診療での入れ歯。厚みがある。
メリット
  • 安い
  • 制作期間が短い
デメリット
  • 硬いものが咬みにくい
  • 違和感がある
  • 耐久性がやや低い
価格 保険適用
金属床入れ歯
[画像]金属床入れ歯
特徴 歯ぐきにあたる部分が金属でできている。比較的薄い。
メリット
  • 熱が伝わりやすく、食事を楽しめる
  • 汚れがつきにくい
  • 破損・変形しにくい
デメリット
  • あごの骨がやせてくると、だんだん合わなくなってくる
  • 金属アレルギーを起こす可能性がある
価格 315,000円
バルプラスト
[画像]バルプラスト
特徴 金属のバネがない入れ歯。「ノンクラスプデンチャー」とも呼ばれる。
メリット
  • バネが見えない分、見た目が美しい
  • 弾力性があるので破損しにくい
  • 口の中でなじみやすい
  • 違和感が少ない
  • 周囲の歯に負担をかけない
デメリット
  • 修理にやや時間がかかる
  • 欠損歯の本数によっては適用できないことがある
  • 咬みあわせの強い方にはあまり適さない
  • 総入れ歯ではつくれない
価格 失った歯が2本まで:157,500円
失った歯が2本以上:210,000円

※価格は全て税込です。

ページの先頭へ戻る