これからおかあさんになる方へ|青梅市にある歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」

文字サイズ
標準
最大

これからおかあさんになる方へ

生まれてくる赤ちゃんのためにも……妊娠中はお口のケアを念入りに

妊婦の方の歯科治療

[画像]妊婦

妊娠中はホルモンの影響を受け、体のさまざまな部分に変化が現れます。
そして、その変化はお口の中でも起きています。例えば、だ液の量。
妊娠中はだ液の分泌が少なくなりますので、むし歯菌を十分に洗い流せず、むし歯になりやすくなります。
また、つわりが起きると歯みがきがおろそかになってしまいがち。
ますます、むし歯菌は増殖してしまいます。

歯みがきをする女性

特に、妊娠中は免疫力が落ちますから、いつもどおりにケアをしていてもむし歯や歯周病になりやすい状態にあるんです。
だからこそ、妊娠中は歯のケアがとても大事。普段以上にお口の状態に気を配るようにしてくださいね。

歯科治療を受けるタイミング

[画像]院内の様子

「妊娠中は歯の治療を控えるべき」だと考える人がいらっしゃいますが、実は妊娠中こそしっかり治療をしておくべきなんです。
ただし、いつでも治療できるというわけではありません。
通院されている産婦人科の先生と相談しながら、適切な時期に適切な治療をしていきましょう。

妊娠初期(1~4ヶ月) 切迫流産の危険性が高い時期です。この時期の歯科治療は控えましょう。
妊娠中期(5~8ヶ月) 安定期と呼ばれる時期です。特に問題がなければ通常どおりの歯科治療ができます。
妊娠後期(9~臨月) 陣痛が起きる可能性のある時期です。この時期の歯科治療は避け、産後の治療をおすすめします。

ページの先頭へ戻る

妊娠中の歯周病

[画像]歯みがきをする女性2

歯周病菌が血流に乗って全身に行きわたると、早産や低体重児出産のリスクが高まると言われています。妊娠中は特にお口のケアを念入りに行って、歯垢や歯石がたまらないように気をつけてくださいね。

ページの先頭へ戻る

自宅でのケア方法

フッ素やキシリトールを活用しましょう
フッ素には細菌の繁殖を抑えたり、歯の再石灰化を促したりするはたらきがあります。
また、キシリトールはそのフッ素のはたらきを助けます。
これらの成分の入ったガムや歯みがき粉などを積極的に活用しましょう。
水や緑茶を飲みましょう
食後に水や緑茶を飲むと、だ液の分泌が促されます。
特に、緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるのでおすすめ。
ただし、あまり飲みすぎると、必要な菌も洗い流してしまうので注意してくださいね。
ストレスをためずリラックスしましょう
妊娠中は免疫力が低下しやすくなりますので、普段の生活からあまりストレスをためないことが大切。
ときどき散歩をするなど、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

ページの先頭へ戻る