深いむし歯は抜くしかないの?|青梅市にある歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」

文字サイズ
標準
最大

深いむし歯は抜くしかないの?

重度のむし歯でも、根管治療で歯を残せます。

大切な歯を残すための根管治療

[画像]根管治療イメージ1

根管治療とは、重度のむし歯に対して行う治療法です。
むし歯菌に感染してしまった神経を抜いて、神経がおさまっていた部屋(根管)をきれいに洗浄し、そこに薬を入れて被せものをします。

重度のむし歯の場合、「抜歯」という選択肢もありますが、歯を抜いてしまうとさまざまなデメリットが生じます。
歯は、1本1本が別々の役割を持っており全部で1つの仕事をしていますので、1本失うとそれを補うように他の歯がはたらき、結果として過剰労働になってしまい、他の歯も抜けてしまうんです。

すべての歯を残すために1本の歯を残す――そのために行うのが根管治療なのです。

[画像]根管治療イメージ2

ただし、歯の神経は歯に栄養を届けるはたらきがあるため、根管治療をして神経がなくなってしまった歯はどうしても寿命が短くなってしまいます。

むし歯に冒された神経は抜く必要がありますが、できればそうならないように、むし歯は早めに治療をしてください。

ページの先頭へ戻る

根管治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 歯を抜かずにすむ
  • むし歯の広がりを止められる
  • 再びむし歯になったとしても痛みを感じない
  • 歯がもろくなってしまう
  • むし歯の進行に気付きにくい
  • 治療費がかかる

ページの先頭へ戻る

根管治療の仕方

歯に穴をあけ、根管の長さを測る

死んでしまった神経や汚染された組織を取り除く

根管の中の形を整える

歯の上部を円すい状に削る

根管内の洗浄と消毒をくりかえす

根管の先まで薬剤を満たす

歯全体に被せものをする

むし歯はひどくなる前に治療を。定期検診で早期発見・早期治療につとめましょう。

ページの先頭へ戻る